いーぬ。の人生回顧録 小学4年生編

【学級委員の決め方】責任者はたいがい向いてない人がなる訳~小学4年生編~

 

大人になると、昇進したくてたまらないのに

この時期は 責任の押し付け合いになる。

 

この年、私は初めて

学級委員になった。

 

いーぬ。
保育園編から見て下さっている方ならもうお分かりでしょうが、私が立候補する訳ないです( 一一)]

 

自発的になりたいと願った訳でもなく

断れない環境の中での選ばれた者は

 

結局大人になっても役に立つ事は少ない。

 

なんせ元々一人が好きですから。

 

制度が問題なのだ。

強制的というものが。

 

今回は学級委員を決める時に起こる子供同士の思惑と攻防についてをご紹介。

それによって傷ついた人がどれだけ居たかを知ってもらいたい。

 

 

学級委員という責任者

小学校生活、中学年にもなると

学級委員という役職がでてきました。

 

最初は

”リーダー”という言葉に反応して

立候補者がたくさん居ます。

 

そんなやる気に満ち溢れたクラスメイトの気持ちをへし折るかのように

”責任”

の重さを知る。

 

いーぬ。
それほどリーダーと言う役職は重い( ;∀;)

 

私的リーダーの定義

 

リーダーとは

ポイント

・人より率先して動く。(あらゆる分野で 常に、二手三手先を読む。自分の時間は捨てざるを得ない)

・とりあえず、まず聞く姿勢。(自分の考えは心にとどめておく)

・総括能力。(メモ帳必須)

・何が起きても動じないメンタル。(大人も子供も泣いても許されない)

・他人の失敗を受け入れる男気。(変なプライドを持ってはならない)

・嫌われる勇気を持つこと。(飴と鞭を使える精神力)

・利益よりも大切な事を忘れてはならない。(道徳と倫理)

 

ちょっと大袈裟かと思われるかもしれませんが、リーダーになりたくない者が選出された場合、緊張でこのぐらい思っていたりします。

 

いーぬ。
もうこの頃は不安障害の気が出ていたのかもしれませんね。

 

私が小学3年生までに見てきた世界が上記のような感情を抱かせました。

大人になっても大切な事って変わらないですね。特に最後は。

 

人前に立つ事の難しさを初めて知った子やそれを目の当たりにし、

リーダーの難しさや厳しさを感じたのは私だけでは無かったようで

翌年、小4になった時

立候補者は0人になった。

 

当然でしょう。

クラスの不祥事は学級委員が全部被る。代表して怒られますから。

 

そこで始まるのは

地獄の推薦制度。

 

私はこれに非常に苦しめられた。

 

 

 

強制推薦制度と子供同士の思惑

 

 

推薦制度に突入した場合、

学級委員には

”人望がある者が選ばれる”

 

そう思っているのは先生だけでしょう。

 

実際には先生の知らない所で

子供同士の心理戦が存在する。

 

推薦する側の心の負担

 

中々決まらないと 休み時間など無くなり推薦制度が始まり出す。

それまで立候補しない事へのお説教で

クラスの全員が叱られて時間が無くなるからだ。

 

「誰に学級委員になって欲しいか次の時間までに考えておきなさい。」

 

これは

”自分が立候補しないのであれば、全員 誰かを指名しなくてはならない”

という合図。

当然、理由も述べなければならない。

 

先生を納得させる理由が。

 

 

いーぬ。
未だに疑問です。先生を納得させてどうする?

 

 

優しい子にはこれはかなりの心の負担になっていました。

昼休み中、主に自分の仲の良い子に推薦していいか聞き回り、承諾を得るのに必死そうでした。

自分の友達を売るような感覚が痛いほど伝わってきました。

承諾を貰っても安堵の表情を浮かべる子などいませんでしたから。

ポツンと自分の席に戻って気まずそうにしてるのが印象的でした。

 

私はというと、違う形で巻き込まれる事が多かった。

 

駆け引き

 

「い~ぬ。さ~ん♪」
同級生

 

そう言って2,3人引き連れて声をかけてくるのは

大概 ちょっと気が強めの女の子の集団。

 

積極的に関わりたくはないが、怒らせたり調子に乗せるともっと面倒なので

優しめかつ、自分の本心も言う事で調和を保っていました。

 

いーぬ。
「ん~?」

 

「学級委員やって~♪」
同級生

 

いーぬ。
「率直ね。(笑)嫌やわ~去年見ていて大変そうだったもん~。」

 

「え~でもいーぬ。さんにやってもらわんと困るんよ~。」
同級生

 

いーぬ。
「うん?」

 

「○○ちゃんが立候補しようとしてるのよ~。」
同級生

 

いーぬ。
「良い事じゃない?」

 

「え~やだ~。厳しいもん口調が~。立候補してくれなくても推薦するからね~」
同級生

 

 

 

 

去っていく集団。

 

そして頼んでもないのに クラスの皆に

「いーぬ。さんをよろしく」

と選挙みたいな光景が広がっていく。

 

 

不満があるなら自分で変えなよ・・・。

そう思ったのは言うまでもない。

 

 

指名する勇気とされる側の配慮

 

穏便に逃げる方法

 

事が大きくなって、学級委員に

自ら立候補するか、推薦されるかの二択しか無くなっていた私。

こういう側になった人たちが拒否する為に必要なのは

 

ポイント

・先生を納得させる程のやれない理由(豪語力が必要 小4では無理)

・推薦してくれた子を傷つけない発言の仕方(泣かせるか恨まれる可能性を阻止)

・気が強めな女子集団へ、その後のお詫び回り(必ずへりくだった言い方をすること)

 

これが穏便に済ませるコツ。

だけど考えてみて頂きたい。

 

 

引き受ける方がよっぽど面倒くさくないのである

 

まず、先生に論されて異議を通せる子など居なかった。

 

今思えば

 

”人前で発言すると持病が出てしまう”

以外の理由は通らなかったんじゃないか?

と思うくらい、難関でした。

 

ほぼ”断る”と選択した子は、何故か泣くまで先生と言葉のラリーをさせられていましたね。

 

いーぬ。
可哀相で見てられなかったです😢

 

一番心に傷を負った者

 

そんな様子を見ていて思ったのは

 

泣く事もできない

”自分のせいで 泣かせるほどの事態”

を生んでしまった 指名した側の、

申し訳なさそうに背中を丸めている姿

承諾を貰ったものの、やっぱり罪悪感に見舞われていた。

 

学級委員を決めるだけでなぜこんなに多くの人が

悲しみに囚われる必要があるのか全く理解ができなかった。

 

 

手っ取り早いのは

 

自ら立候補する事。

 

やる気のベクトルが違った方に向いているリーダーの誕生である。

 

選挙活動をしてもらっていた為か

幸か不幸か当選しました。

ありがとうございます。

 

 

私のやる気は 今の状況える為であって

将来に何の役にもたたない勇気です。

本来の目的であろう

 

”向上心のある子に育てる””未来のリーダーに・・・

 

いやいや違います。

 

その場を収める者が一時的に作り上げられただけです。 

 

子供同士のパワーバランスなど知らない先生は

あまりにも無神経な事をしていたりするのです。

 

 

まとめ

 

”強制”というものが如何に無駄なものか。

”信頼されてる自覚を持て”

なんて言われるかもしれませんが、

 

そもそも推薦は

ポイント

①もの凄く仲が良いから指名できる

②そんなに話したことないから指名できる(ちょっと危険)

③指名しても怒らないような子だから推薦できる

 

たいがいこの3つ。

そして巻き込まれる人は③の人。それが私('ω')ノ

 

子供たちが述べる理由先生が願う意味など無い

 

 

学校の教育制度を今一度考えてみてほしいですね。

将来、人の上に立つべき者を見いだす為にも。

 

いーぬ。の回想

 

「next記事」

【パニック障害の原因】軍隊化させた最悪な教師と戦い、重症を負った11歳~小学5年生編~前期

  私の人生の中で 最も忙しかった11歳という年。   後に起立性調節障害を起こし 不安障害になり 自律神経失調症になり パニック障害になり うつ病になり 慢性疲労症候群になったの ...

続きを見る

 

「back記事」

クラス替えで出会った友達と早すぎるお別れ~小学3年生編~

  青天の霹靂というのは正にこの事だったのでしょう。   当たり前のように 「おはよう。」 「また明日。」   と話していた友人が他界しました。   肺炎でした ...

続きを見る

-いーぬ。の人生回顧録, 小学4年生編

Copyright© いーぬ。の美楽人生 , 2021 All Rights Reserved.